2003年10月18日

レメディーを飲むときの注意点がいくつかあります。
代表的なものは、
食前食後20分は飲まないようにする(緊急の場合はOK)ことや、
ミントやたばこ、コーヒーなどはレメディーの効果がなくなるので摂らないようにすること。

それから、保管方法もいくつか。
電子機器類(電磁波が発生するもの)の近くに置かない、とか、
香りの強いものの近くに置かない、
直射日光が当たるところや湿気の多い場所は避ける、などです。

保管場所については問題ありませんが、飲み方は結構いろいろ決まりがあるのね、
という感じで、まずはミント入りの歯磨き粉をやめて、
昔懐かし、ナスの歯磨きに変えてみました。
(といっても、昔使ってたことはないんですが・・・)
これはナスを黒焼きにして塩を入れて作ってあるもの。
ナスの味はしないけど、塩歯磨きですね。
ただ、黒いので磨くときイカスミ風です。うがいすれば大丈夫ですが、なかなか笑えます。

そして、コーヒーを飲まないようになりました。
すべてではないけれど、一部のレメディーではかなり効果が薄れるのだそうです。
コーヒーがないと生きていけないほど好きなわけではないので特に問題なし。
ただ、ドトールとかタリーズに行ったとき、ちょっと困りますね。

レメディーの飲み方は、瓶から蓋に1粒移して、これを舌の下に入れて溶かします。
手で取るのは、やめたほうがいいようですね。
処方されたものは1粒ずつ袋に入っているので、これは手にとって口に運んでいました。

さあ、いよいよ飲み始めます。
わたしのためのレメディー、どんな効果があるのかな。
コメント(0)トラックバック(0)ホメオパシー│ 

2003年10月15日

朝はちょっと曇っていたけど、今日は久しぶりに晴れた。
やっぱり晴れると気持ちいいなー。

お昼を食べたあとで本屋に行って「便秘解消ムック」とPENを買う。
別に便秘なんかじゃないけどなんとなく。
PENは「在日中国人が選ぶおいしい台湾料理店」特集。
おいしそう~。
でも今は夕食を摂らないダイエットをしているから行けないー。
割と近所にもあるみたいだから、お昼間に行こうっと。

夕方、出張土産の味噌キャラメル、というのを食べた。
ご飯が欲しくなるような味だった。
コメント(0)トラックバック(0)│ 

2003年10月14日

今日からまた会社。
でも今週はボスが遅い夏休みでいない。
その間の宿題がたっぷりある。
まずはバイトの女子たちに指示、というかお願いをして、わたしも仕事。

午後からは書店で本探し。
欲しかったのは見つからなかったけど、雑誌や書籍を数冊買って帰った。
仕事の合間に読みあさった。
ネタを探さなくては。

夕方は久しぶりに会社近くでインドエステ。
ありえないくらい放置された。
うーん、あそこは安いだけだな。
コメント(0)トラックバック(0)│ 

2003年10月13日

今日も朝からぼーっとしていた。
土曜から曇りがちで気分もさえない。
曇りとか小雨って、憂鬱になるなー・・・。

今日は3時半からロルフィングのデモを見に行く。
見に行くって言っていいものなのか?
よくわからないけど。
ロルフィングは、筋膜にアプローチするワークでわたしも春先から受けた。

わたしは姿勢がいいと言われることが多いけど、
本当のところ「まっすぐすぎる」のだ。
S字になっているのが理想的なのに、そのたわみがないので
背中や腰が張りやすい。O脚も気になった。
それで受けてみたのだけど、結果はとても良くなった。

ちゃんと体の中心に重心が乗るようになったので腿の外側の張りもなくなったし、
猫背気味だったのが自然に胸が開くようになっている。
まっすぐすぎる背中も、写真で見る限り良くなっているよう。

で、どうして行くことにしたかというと、
次の本の取材がてら、ちょっとお話を聞いてみたいなと思って。

夜は九段下でヨガの予定。
これを洗足でのヨガにするかどうか迷っていたら、雨になってしまった。
それも、ちょっとお目にかかれないくらいの大雨。
えー、確か近所の学校では運動会をしているんじゃないのー?
スコールみたいな大雨&大風で、これじゃあ中止だよなあと思った。

それにしても、出かけるまでにやむのかしら・・・。

一応やんだけど、山手線は徐行運転になっていて遅刻してしまった。
そして移動中に晴れてきたのが何より悔しかった。
コメント(0)トラックバック(0)│ 
高いと感じた個人相談を受けようと思ったきっかけを
もう忘れてしまったのですが、
とにかくいまより元気になりたいという一心で申し込みました。
結構混みあっていると聞いていたのですが、
電話をしたのがたまたま連休中で、さらに担当者の指名も
特になかったので、あっさり3日後くらいの5/6に決まりました。

そのときに「普通は問診票を送って書いてきてもらうんですが、
もう時間がないのでFAXかメールでお送りします」と言われました。
へー、問診票ね。
軽く考えてメールで送ってもらったのですが、見てびっくり。
質問の数が、半端じゃないのです。

それも既往症だけじゃなく、
何歳頃に何があってどう思ったか、とか、
昼と夜、どちらが好きか?
どの季節が好きか、など、
病気と何の関係があるのかわからない質問が多かったです。
さらに、お腹にいたときの母親の気分や生まれたときの体重まで。
これはさすがに自分ではわからないので母に聞きました。

そうして、入力してプリントアウトしたら7枚にもなった問診票を持って、
約束の時間に初台のホメオパシーセンターに行ったのです。

わたしの担当になったのは小泉先生という女性の方。
用意した問診票を渡すとゆっくり目を通して、いくつか質問をされました。

ホメオパシーの考え方は、
病気は性格や性質から生まれる、ということのようです。
何を我慢してきて、どんなことが我慢できないのか、
育ってきた環境や好み、嗜好によって出るのだなと思いました。

小1時間話した後で、
「これとこれは今日何とかしたいと思っているんだけど、
それ以外に、まずはどれを解消したいですか?
全部いっぺんにというのは無理だから・・・」
と聞かれました。
わたしが答えると、先生はうつむいて
でもしっかりとレメディーを選びはじめました。


後で受付の人に用意してもらうために、紙に書き付けながら
「これはこういうことに作用するものです」と一つひとつ
説明をしてくれて、
わたしはよくわからないながらも「はい、はい」と聞いていました。

書きながら、先生が話し始めました。
「心配なことがあるんですが、
「このレメディーはこのために飲むんですが、
飲むと、感情が噴き出すことがあります。
涙が出たり、感情をセーブできなくて人に怒りを
ぶつけるようなことがあるかもしれません。
そういうときに、話を聞いてくれる人はいますか?」

わたしが一人暮らしで、
いまあまり近しい人がいないから心配になったらしい。
確かに周りに誰もいないけど、それはどうにでもできるだろう。
「大丈夫です」と答えると、
「もし、誰もつかまらなかったら、わたしに連絡してください」と言われました。
ちょっと涙が出そうになりながらお礼を言って、部屋を出ました。

それからお会計。
さっき処方されたレメディーは、日別に小さな袋に入れて用意されました。
受付の人が一つひとつ説明してくれて、飲み方や管理方法を
書いた紙を渡される。
ああ、今日から飲むんだなあ・・・。結構たくさん。
帰って袋に飲む日付を書いておかなくちゃ。
というのも、同じ種類の希釈度の違うレメディーを何日か飲んだら、
1週間くらいあけて次の種類のレメディーを飲むので、
単純に次から次に飲めばいいわけではないのです。

料金は、相談と、これに付随するサポートレメディーで
1万円。さらにいくつか有料のレメディーが出されたので
14000円くらいになりました。
高いのは高いですね。
でも、受けてみると、やっぱり勉強して知識のある人に相談すれば
これくらいはかかるだろうな、とも思いました。

1か月分のレメディーが処方されました。
次は飲んで変わったこと、を書きます。
コメント(3)トラックバック(0)ホメオパシー│ 

2003年10月12日

今日は朝から天気がぐずついていたのでずっと家にいた。
本当は買い物に行きたかったんだけど、うちから池袋って
自転車で行くのが一番便利で、電車とかで行くのが面倒だったのだ。

実はわたしは家に居るのってかなり好きなのだ。
ぼーっと本を読んだり、ちょこちょこと整理したりするのは
まったく苦にならないし、
たまに一人で静かにいろんなことを省みるのは悪くない。
実際、反省事項は山ほどあるし・・・。

夜、前の彼がなんだか書類を1つ作ってくれと言って持ってきた。
こういう単純作業も大好き。たまにはね。

「難しそうだよ、1時間くらいかかるかも」とか言っていたけど、
誰に向かって言ってるの、って感じ。
わたしはこういうデータの作り方を、教えてたんだから。

15分で完成して、TVを見ながら差し入れのおすしを食べた。
「欠陥住宅特集」だって。
不謹慎だけど、知らない人の不幸な話って、ただ面白いとしか言いようがない。
コメント(0)トラックバック(0)│ 
書き忘れていましたが、ホメオパシーでは
「その症状を起こす原因となる物質」をものすごく薄めて、
直径2ミリくらいの小さな砂糖玉(ラクトース)にしみこませています。
見た目はちょっとシリカゲルに似ています。
これをレメディーといいます。

どれくらい薄めるのかというと、
原液1に対してアルコール99を入れて、100回振蕩します。
この希釈を何度も繰り返すのです。
最低でも1000倍に薄めたものしか処方されないそうです。

家に置いて、自分の判断で飲んでもかまわないものは
種類にもよるけど、だいたい希釈を30回繰り返した
30Cのものが多いです。

原料には砒素やベラドンナ、蜂の毒など
そのまま飲めば毒になるものが多いのですが、
(そうじゃないものもたくさんあります)
希釈をすると物質が元々持つ毒性がなくなって、
その物質の情報だけが残るんだそうです。
(この辺、まだよくわかってないです)

そして希釈度によって作用するところが違うらしいのです。
30Cは主に体の症状に効くけれど、もっともっと薄めたものは
精神的な問題に効果があるのだとか。
例えば高所恐怖症とか、あがり性、
どうしようもなく人をねたむ気持ちなどでしょうか。

このレメディーを舌の下に入れてゆっくり溶かし服用します。

「浄化活性セット」ではあまり効果のほどがわからなかったのですが、
その後、36種類のよく使われるレメディーがセットされている
36基本キットを買いました。
これを生理痛や疲労、猫の病気にも使っています。

生理痛は、いつもつらくて、仕方なく痛み止めを飲んでいたのですが
レメディーだと痛み止め独特の気持ち悪さがない上に
痛みがぴたっと止まるんですよ。
本当に、うそみたいに。
「あれ、痛くないのに飲んじゃったかな」というくらい。

猫は、うちには3匹いるんですけど、
一番大きい子がよくおなかを壊すんです。
様子を見ていると、どうも何かが心配なのか不安なのか、
そんな感じなので、症状に合うものをキットから選んで飲ませています。
これも一発で効きます。
何年もぐずぐずと続いていた皮膚病も良くなりました。

猫って普段外に出していないので、
病院に連れて行くのが大変なんです。
「外に出る」という事実だけでストレスになるみたいだし。
猫に使えるだけでも、レメディーがあってよかったです。

副作用が気になるかもしれませんが、
レメディーの場合、体に必要なものの場合は
熱や蕁麻疹が出ることもあるのですが、
必要ないものを服用しても何も起こりません。
これも安心できる理由のひとつです。

3回目は、個人相談のことを書きます。
コメント(0)トラックバック(0)ホメオパシー│ 
IYCでヨガをした日、わたしはナチュラルハイになって
会社に戻りました。
「いやー、すごいですよ。なにがなんだか。とにかくきつくって」
ポーズを実演しながら「まったくできなかったわたし」を
笑い飛ばし、取材内容について話し合い、
今日の取材内容を整理して。

そして次の日。
「筋肉痛になりそう」という予想は、
「予想通り」と言うのが恥ずかしいくらいでした。
とにかくすごい筋肉痛。
歩いて痛し、座って痛し、振り向いて痛し。
移動すると「いたた」と声が出てしまう。
笑っちゃうくらい全身が痛いんですから。
痛くなかったのは手首から上と顔くらい?
特につらかったのは、腿の裏側と腕周りでした。

いくらわたしが運動不足で体が硬いと言っても、
これはひどくない? と思いました。
それでも、その筋肉痛すらおかしくてたまりませんでした。
だって、日常生活でこんな筋肉痛、ありえないですもん。

結局、その「すごい筋肉痛」は1週間ほど続いて、
徐々に引いていったのですが、
引いていくとこれがまた不思議なことに、
「ああ、またヨガがやりたい!」と思ってしまったのです。
これってMっ気があるってこと?
うーん、よくわかりませんが、
背中とか膝の裏。全身をあんなに伸ばせたのが
とにかく気持ちよかったから。
普通の運動ではほとんど出ないのに、汗をいっぱいかいたから。
あの「毒素が出てる」感じは快感だったのです!

ヨガムックの編集はそれからも非常にタイトな
スケジュールで進んで、わたしたち担当者は
土日も仕事。毎日終電で帰っていたのですが、
「夏休みになったらchamaさんのところに行こう」と
ひとり心に誓っていました。

それまでにまた日があいちゃったから、
二度目のヨガも「ものすごい筋肉痛再び」だったのですが。

ヨガの話、書いてて楽しいのでまた書きます。
コメント(0)トラックバック(0)ヨガ│ 
プロフィール
おすすめ商品





買い物用リンク
爽快ドラッグ
米通販
お酒通販
ペットフード
デオトイレ(4L)

※個人的な買い物用リンクです。
 お気になさらず。
QRコード
QRコード
検索キーワード
  • SEOブログパーツ
メルマガ
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ