2003年09月30日

わたしは1年半前に編集プロダクションに入ってライターになりました。
それまではパソコンのインストラクターをしていたので、
「立ちっぱなし」から「座りっぱなし」に変わったのです。
「立ちっぱなし」はむくみやすいわたしにとって
結構つらいものがありましたが、
「座りっぱなし」はもっと良くないです。

まずむくみかたが半端じゃないです。
膝から下がパンパンになって、ミュールもきつくなる始末。
そして背中や腰がすごく張ってしまいます。
そして仕事はとても忙しかったので、
「ちょっと散歩」なんていう時間が取れませんでした。
専業になって2ヶ月もすると、夕方には腰痛がひどくて
椅子に座れなくなってしまったのです。

このときどうしていたかというと、
床に膝立ちになって仕事をしていたのです。
それまでは肩こりが断然つらかったんですが、
腰痛はほんっと痛くてつらいですね。

その腰痛を解消すべく、いろいろ探して行ったのが、
スニル アーユルベーダ院」です。

スリランカ出身のスニルさんが自宅で開業しているサロンなので、
本場のアーユルベーダが格安で受けられる。
これはいい、と思って電話で予約してその日のうちに行きました。
インドやスリランカでは、エステだけではなく
療法として受け入れられているんだそうです。

あまり覚えていないのですが、
オイルマッサージと温めたハーブボールでのパッティングで
すっかりリラックス。
腰痛がひどいと伝えると、腰や背中、そして酷使している
目や頭の調子が整うようにしてもらいました。

最後にスエダというスチームサウナに入るのですが、
はっきりいって、大して期待はしていませんでした。
サウナといってもスチームサウナだし、
ちょっと体が暖まればいいな、くらいの気持ちです。
ところがこの20分ほどのスエダで滝のような汗が出たのです。

実はスエダではいろいろなハーブを焚いていて、
その蒸気を肌から吸収するのがいいのだとか。
口や鼻からもどんどん吸い込むように薦められたので、
その通りにしていたのが良かったようです。
それにしても、すごい汗でした。

近ければ毎週でも行きたいのですが、
いかんせん川越は遠いのです。
でも、あのスエダの快感は体がしっかりおぼえていて・・・。
もう少し近くに来たらまた行きたい。
それを願っています。

あ、ちなみに腰痛は、
たったの一回でものすごく軽減しました。
コメント(0)トラックバック(0)エステ│ 

2003年09月29日

最近行った足ツボマッサージで
2回続けて「肺のところが凝ってますね」と言われた。
別のサロンで日も違うのに、肺なんてところを悪いと言われるのは初めて。
なんでかなあ。
東京は確かに空気が悪いけど、わたしはたばこを吸わないし・・・。
呼吸が浅いのかな。

それにしても、まさに肺の裏側のところの凝りがひどくて
ずーっと肩こりがつらい。

帰りは迎えに来てもらったので会社近くのYAMAYAで
ミネラルウォーターをまとめ買い。
ガス入りの水はわたしの生活に欠かせない。
コメント(0)トラックバック(0)│ 
エステは大好きで、いろんなところに行ってます。
「大手サロン」にも行ったことあるし、
個人サロンにいたっては、もう把握できないくらいです。

いま定期的に通っているのは、インディバとインドエステです。
今回はインディバの話を。

「インディバ」というのは高周波温熱機でして、
スペインのお医者さんが医療用機器として開発したものだそうです。
この機械を使ってマッサージをすると、体の深部から
3~5度くらい温めることができるそうです。
なんでも、癌って熱に弱いらしいですね。
ですから、スペインやヨーロッパでは癌の治療に
使われているそうなのですが、日本は厚生省の認可が下りなくて
主に美容目的でエステや皮膚科で使われているようです。

効用はというと、
「深部加熱によって体内に熱が生じ、
血液の循環や新陳代謝が本来の働きをするようになり、
自律神経も含め細胞・組織をいきいきと活性化させた結果、
余分な脂肪を燃焼させ、
老廃物のスムーズな排出が期待できます。」
と、緑の森皮フ科クリニックのHPにありました。

血液の循環が良くなることと、脂肪燃焼、老廃物の排出という
フレーズに惹かれて、行きたいなあと思ったのですが、
サロン探しにひと苦労しました。
ボディに使っていて、納得できる価格、通える範囲となると
なかなか見つからなかったのです。

でも、しつこいネット検索の結果、この「ボディケアショップヒロオ」を
見つけました。
春先ごろから、ボディは週1回、フェイシャルは隔週で受けています。

脂肪燃焼の結果はよくわからないのですが、
受けた後はトイレの回数が増えます。
あと体調と、全身の肌の状態は良くなったような気がします。
フェイシャルは顔の弾力がよみがえる感じですねー。
もう、顔がふかふかになるんですよ。

わたしは回数券を買っているので、ボディは日によって
「今日は足のむくみが気になります」とか、
「生理痛がひどいです」といってお願いしています。
通っているから体の状態もわかってもらえて、
「今日はこの辺を重点的に」とかやっていただいてます。
やっぱり定期的に通うのはいいですね。
コメント(0)トラックバック(0)エステ│ 

2003年09月28日

今日は朝からすごくいい天気でうれしい。
まさに秋晴れという感じ。
熱くもなく寒くもなく、本当にすごしやすい。

午前中は、昨日買って来た本の続きを読んだ。
石田衣良って読んだことなかったけど、人気があるのもうなづける。
これは面白い。
ちなみに読んだのは「波のうえの魔術師」という本。
株取引を使って銀行を揺るがすという話で、
去年ドラマ化されている。
原作はもちろん面白かったけど、あのドラマは脚色も良かったみたい。
多少筋が違っているけど、原作のイメージは損ねていなかった。

午後からは、上野の美術館に行った。
行きたいと思っていた「トルコ三大文明点」が最終日だったのだ。
いい天気だし、これは絶対行かなきゃ。
そう思った人は多かったようで・・・。
見たこともないくらいの大混雑だった。
朝のラッシュほどじゃないけど、
夜の電車くらいの混み具合ではあった。

どっちを向いても人の頭があるし、
なんだかいろんな匂いが混ざっててくさいし。
すっかり人あたりしてしまった。

でも、展示品はすばらしかった。
わたしはどうも絵画よりこういう歴史のあるものの方が好きみたい。
いちいち心惹かれてしまった。
まあ、手に入れるようなものではないんだけど。

オスマントルコ時代のものは、
いちいち宝石があしらわれていて、きらっきら。
きれいだったなーっ。
コメント(0)トラックバック(0)│ 
このBlogを「TOKYO-YOGA.COM」にリンクしてもらった。
ずっと前にコラムを書くことを約束していたので
何も考えずに作っていたのだけど、
送られてきたガイドラインを見ていたら、重大な間違いを発見。

URLには「tokyo-yoga」を入れるべきだったのでした。

いやー、知らなかった。
そのまま行こうか早いうちにアドレス変更するか迷っていたんだけど、
ずっと気にするのも嫌だし、変えました。
という訳で、下に数少ないバックナンバーを入れておきます。
4~5日分だし、たいした量でもないんだけど
これでも結構面倒ですね。
コメント(0)トラックバック(0)│ 
2003/9/23 UP

月並みですが、はじめまして。
今日からblogデビューです。登録したのは昨日だけど、
タイトルを考えてたら疲れ果ててしまった・・・。
東京は久しぶりにお天気で、ちょっとだけ暖かいですが、
いつの間にかすっかり秋になってしまいましたね。
こういうのを小春日和っていうんですね。
祝日で、仕事もお休み。幸せです。

まずはこの日記のタイトルの由来から。
わたしは「毒素排出」とか「老廃物を排出」という言葉に、
とても弱いのです。
見るともう、試さずにはいられません。
といいつつ、試してないことがまだまだたくさんあるのですが。

体の毒を排出する、って、なんだかすごくないですか?
そんなに毒がたまってるの? というより、
そもそも体に毒が? という疑問はまだ残っています。
でも、人間30年も生きてれば、体のラインも崩れるし、
肌にはクスミが出てくるんだから、
毒くらいたまろうってもんです。

「毒素排出」のとりこになったきっかけはというと、
わたしは腎臓系統が弱くて、代謝が低いのです。
汗とか尿が出にくいのですね。
これってすごく毒がたまってる感じじゃないですか? 
だって、出るべきものが出ないんですから。
その分(?)胃腸はとてつもなく丈夫で、
「胃がもたれる」とか、「おなかを壊す」とか、
「便秘」とは無縁です。
(現に27歳まで「下痢」ってどういうことか知りませんでした。
あれはしんどいですね!)
その方がうらやましい? どうなんでしょうね。
一病息災というには、結構きついです。
胃腸の調子が良くないのとか、
肌にダメージが出やすいのもつらいと思いますが、
むくみもつらいです。
なんだかやたらに疲れやすいし。

そんなわけで、力技で体の毒を排出する
方法に惹かれてしまうわけです。
この日記では、わたしが試してみたいろいろな
「毒素排出法」のリポートをご紹介しようかなと思っています。

「これすごかったよ」とか、
「これはどうなの?」っていうご意見がありましたら、
ぜひコメントをお寄せください。
コメント(0)トラックバック(0)毒素排出│ 
「TOKYO-YOGA.COM」にリンクしてもらいました。
その後で「コラムのガイドライン」を読んでみたら
いきなりURLの付け方で間違えてるし・・・。

URLを変えるなら早いほうがいいので変更しました。
いままで書いた分は日付を入れてこちらに上げ直します。

これからもよろしくお願いいたします。
コメント(0)トラックバック(0)毒素排出│ 
2003/9/27 UP

「酵素風呂」ってご存知ですか?
おがくずに、酵素を混ぜると発酵して、50度以上になるんです。
このおがくずが2.5メートル×1メートル、深さ80センチくらいの
木の箱の中に入れてあって、
ここにパンツ一丁で入るのです。
砂風呂みたいな感じで、
お店の人に上からおがくずをかけてもらうんですが、
これもまた温まるんですよー。
やはりポイントは「温まること」らしく。
リュウマチや神経痛にも効果があるそうです。

わたしはもちろん
「血液の循環が非常に良くなり、
汗がどんどん出て汗と共に老廃物が排出され、
大きく開いた毛穴から有効な酵素が体内に吸収され
健康と美容に大変よいのです。
(巣鴨酵素風呂HPより)」
の一文にころりといってしまったわけですが。

50度以上なんて熱過ぎ? と思いましたが、
お湯じゃなくておがくずなので大丈夫です。
おばさんに「おなかをあっためないとね」とか言われて
おなかにいっぱいかけてもらったら、
途中からちょっと熱くなってしまったけど・・・。

わたしは最初「巣鴨酵素風呂 赤坂店」に妹と行きました。
予約制なのでまず電話をしたのですが、
結構混んでるらしく、「今日空いてますか?」なんていうのは
ほとんど無理のようでした。
その頃は自宅で仕事をしていて時間の融通が利いたのに
1週間後くらいになったような記憶があります。

お店に行って、まずはお会計。
最初は500円オフになりました。
バスタオルと酵素風呂用パンツ(トランクスみたいな感じ)を渡される。
更衣室で着替えて(髪も結んでシャンプーキャップみたいなのをかぶる)、
名前を呼ばれたら「酵素質」へ。
おがくずがいっぱい入っている桶が3つくらい並んでいて
わたしが入る桶らしきところにおばさんが。
入りやすいようにおがくずが掘ってあって、
そこに入るように言われる。
入ると上から木のスコップでどんどんおがくずがかけられていく。
最後は顔の上にガーゼをかけられてその上からもおがくずが。
身動きひとつできない状態で15分間じっと横になっています。

わたしの冷え性は結構ひどいので最初の数分は
「あ、温かいね」くらいだったのですが
10分も経つと「あ、熱い・・・」
汗もだらだら出てきた。

15分経ったら体のおがくずをはらってもらってシャワーを浴びる。
その後はフロント脇のリビングみたいなところで温かいお茶を飲みながらごろごろ。
このお茶でさらに汗が噴き出してくる!
で、もう一回シャワーを浴びて終了。

感想は「汗出るねー。気持ちいいねー」です。
ただおがくずが予想と違って結構くさい。
ヒノキのいい匂いを予想していたんですが、ちょっと違うかな。
あと念入りにシャワーを浴びないと、おがくずが残るので注意。

2度目は巣鴨店の方に行きました。
赤坂より通いやすいかなと思って。
(駅から遠くて、どっちもどっちだった)

こちらは男性も入れるので、隣の箱におじさんが寝ていたりしてびっくり。
といっても、顔におがくずをかけているから
何にも見えやしないんですけどね。
こっちもいつでも混んでます。

続けられなかったのはやっぱり予約の取りにくさゆえですね。
自転車で行けるくらいの距離にあって、
いつでも入れるなら最高。迷わず常連になります。
コメント(0)トラックバック(0)お風呂│ 
プロフィール
おすすめ商品





買い物用リンク
爽快ドラッグ
米通販
お酒通販
ペットフード
デオトイレ(4L)

※個人的な買い物用リンクです。
 お気になさらず。
QRコード
QRコード
検索キーワード
  • SEOブログパーツ
メルマガ
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ